筒井が考える、住宅計画シュミレーション!!!

筒井が考える、住宅計画シュミレーション!!!

はいこんにちわ!
今日は、みなさんがお悩みの、”新築” VS ”中古+リノベーション” を住宅の寿命と
住む人の人生設計とを照らし合わせて考えてみたいと思います。
さて、住宅の購入を考えるのは、平均何歳くらいでしょうか・・・?
例として、35歳としましょう。晩婚化が進んでいるのでもっと晩年かもしれませんね。
35歳、新築の購入・・・ 中古マンションの購入・・・ 中古住宅の購入・・・
はいここで新築を購入してみました!
日本の住宅の寿命は、26~32年。分かりやすく30年としましょう!
35歳+築30年=65歳。 
おいおい!じゃないですか~?!65歳になってまた家を探さないといけないんですか~???
老人ホームはまだまだ早いし。下手したら2回も新築せねばなりません。
リフォームもありですが、新築したほうが早いかな~?という選択肢が勃発する築年数です。
築30年・・・息子がお嫁さんをもらっても一緒に住むには築年数に不安が。。。
息子のプレッシャーは大です。
ありがちな話です。
持ち家をお持ちのご家庭が必ず直面する問題ではないでしょうか。
2世帯住宅を新築してくれるよく出来た息子でしょうか?
そうだったら丸くまとまる話です。
ここで現代版住宅事情改善案!!!
35歳。はい中古住宅を購入しました!
築15年としましょう。リフォームするにもいい感じの築年数です。
いい時代に生まれたもんです!現代にはリノベーションという手段があります。
好きなテイストであぶらののった時期を過ごす・・・ いいじゃないですか~
35歳+(平均寿命30年-築15年+構造部材の補修をして少々延命=20年)=55歳
もう子供の人数もおおよその進路も見えてきている歳でしょう。
これから新築しても充分定年後の余暇を安心して暮らせます。
大きくなった子供たちの意見も反映出来ます。
いままでと全く違ったところに移り住むことだって出来ます。
地方は仕事が無く、子供たちは皆県外へ・・・
出来れば家族は近くにいたほうがいいです。
何が起こるかわからない世の中です。
身軽に、そして自分らしく生きて行きたいものです。
【補足】
中古+リノベーションの良さ
①いまある物件の間取りを見てから新しい間取りを考えられるので、変更の有無を考え易い。
②新築では、なかなかしない内装仕上げも候補にあがる。
  (新築はどうしてもぴしゃっと完璧に仕上げてしまうので、味的なものが出しにくい)
③新築では、基礎や構造、外壁、屋根に費用を費やすところ、リノベーションでは設備機器や
  内装、家具にお金を使える。
いろいろありますが、長くなりますので省略させて頂きます。
by tsutsui

▲