MIX

MIX小

〈
〉

※ 中央の白いバーを左右にドラッグして動かしてください。

  • 11'
  • 22'
  • 33'
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 8-2
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17

築22年のマンションの1室をリノベーションしました。

 

朗らかなご主人と明るい奥様と打合せをしながら、お部屋作りを進めました。

もともとインテリアや建築がお好きだったという奥様。

これまでにいろんなテイストのインテリアで好みが移り変わるのを感じていたそうで、

はじめから一貫していたご要望は、”飽きの来ないシンプルな空間であること””素材は長く使って味の出てくるものを”。

 

コストをかけるところ/かけないところ、じっくりと悩んできめるところ/直感で決断するところ、、、

様々な意味で、”めりはり”のあるお部屋作りになりました。

 

お気に入りの設備機器を入れるため、決断したのは個室の仕上げのDIY。

「想像以上に大変でした」という言葉とは裏腹に、色々な道具を揃え、ご夫婦で楽しそうに塗装されていたのが印象的でした。

こつこつ仕上げを進めたお部屋は、シンプルながらもそれぞれにこだわりがあって、同じ仕上げの部屋は1つもありません。

 

メインのLDKは明るいオークの床に、ベージュ色のクロスをセレクト。シンプルな中にモルタルやタイルを使ってアクセントに。
昔購入したものの好みが変わってしまい使っていなかったというカントリー調のダイニングテーブルも、ちょっと無骨なモルタルと相性ばっちりです。

リビング内には天井いっぱいのオーク材の建具で仕切った寝室を配置しました。

 

ウォークインクローゼットはもともと洋室だったお部屋を丸ごとクローゼットに改装。

“クローゼットだからといって閉め切った雰囲気ではなく、雰囲気の良いアパレル店のようなお部屋に”とのご要望で、入口扉はあえて全面ガラスの扉を採用しました。ライトグレーの床材と真っ白の壁、アクセントの木壁で明るくて気持ちの良い空間になりました。

 

個室2部屋は、コルク床にブルーグレーに塗装した壁の男前なお部屋と、リビングと同じオークの床材に壁の1面にライトグレーの漆喰を塗ったお部屋と、対照的な仕上がりに。

 

トイレは”狭い空間だからこそこだわりたい!”と床をチークのヘリンボーン張りにして落ち着いた雰囲気になりました。

 

ドアノブやスイッチ等の毎日触れるものも質感が良く気に入ったものをセレクトしていただき、

間取りの変更はほとんどしていないながらも、ご夫婦のこだわりが随所にちりばめられた空間が出来上がりました。

INFO >

構造規模
RC造
場所
熊本市
工事種別
マンション
面積
95㎡
間取り
4LDK
▲